静岡・浜松メンズ脱毛専門Evans

あご裏はかみそり負けを起こしやすい部分?他。ひげ脱毛浜松Evansの雑学



あご裏はかみそり負けを起こしやすい部分?他


あご裏はかみそり負けを起こしやすい部分?

あご裏はかみそり負けを起こしやすい部分?

あご裏部分を普段かみそりや電気シェーバーで剃られている方の中に、あご裏だけかみそり負けで出血、毛穴が赤くなったり、できものができたりと肌トラブルが多くなっていないでしょうか?あご裏の部位は多くの方がひげ剃りの際に、かみそり負けしてしまう部位になっております。あご裏のかみそり負けを頻繁に起こされる方の中には、自分の肌が弱いのだと思っている方もいらっしゃいますが、それだけが理由ではありません。実際肌が強い方でもあご裏だけかみそり負けしてしまう方は多くいらっしゃいます。
自分でかみそり負けは解消できるのしょうか?

自分でかみそり負けは解消できるのしょうか?

脱毛以外にご自身でかみそり負けを減らしていくには、まず丁寧に剃ることになります。朝のひげ剃りの時間にもう少しゆとりをもたせて剃って行くことです。ここでの丁寧ですが、剃る際もそうですが剃るまでの準備も必要になります。どうしてもあご裏のひげは太くて硬い。このようなひげをそのまま剃ろうとするのではなく、蒸しタオルで少し毛穴を開き、毛を柔らかくしてから剃る。シェービングクリームやジェルを塗ってから少し時間を置き、毛が柔らかくなってから剃るようにする。これだけでもかみそり負けがかなり変わってきます。
替刃の交換ペースは?

替刃の交換ペースは?

あご裏以外にもかみそり負けをしてしまう方の原因のひとつに、剃り味の悪いかみそりや電気シェーバーを使用していることも考えられます。かみそりの刃は電気シェーバーの刃の交換より周期はとても早くなっております。剃れない刃で剃ることは、毛穴や肌へ負担になっています。かみそりの場合は、刃の交換は2週間をめどに変えるようにしましょう。週に1度ぐらいしか剃られないのであれば、刃の剃り心地は長持ちします。ご自身の使用頻度を考えて、剃りづらくなれば早めに交換しましょう。電気シェーバーの刃の交換はメーカーによって異なるのでそちらを確認するようにしましょう。
あご裏の所要時間

あご裏の所要時間

あご裏の脱毛は、目安としては約5分になっております。しかし、人によってあご裏の範囲が広い方はもう少し時間は必要になります。あご裏の範囲の広い方はその分料金が増したりすることはありませんのでご安心ください。あご裏の 範囲が広い方ほど脱毛されるとメリットが多くあります。あご裏の範囲は剃りづらく、ひげ剃りの中でも特に時間がかかってしまう部位になります。あご裏をしっかり脱毛することで、1番時間のかかっていた部位が時間がかからなくなったり、時間短縮にもつながってきます。
あご裏を脱毛することで見た目の変化以上にご自身で満足できるという声を多くいただいております。やはりみなさん、あご裏のひげ処理には相当苦労されております。見た目もかなり変わってきますが、剃らなくてよくなった方や剃る時間を短縮できるメリットは見た目以上のメリットなのかもしれません。そういったメリットがあご裏脱毛の人気につながっているのかもしれません。

メンズ脱毛最新情報