静岡・浜松メンズ脱毛専門Evans

脱毛したくても脱毛できない部位がある?
静岡・浜松メンズ脱毛専門Evans



脱毛したくても脱毛できない部位がある?


どこの脱毛部位?

どこの部位?


1 粘膜(唇、乳輪、鼻孔、生殖器、肛門など)
そもそも粘膜には毛が生えていないので、脱毛の対象になりません。
鼻下や唇下を脱毛する際に、粘膜部分は汚染されやすく、外的刺激もあるので誤射は防がなければなりません。
こういった基本的なところも、スタッフ教育が行き届いているかそのサロンによって様々です。
お客様もそういった知識をここでつけていただき、もし違うサロンに行く際は気を付けてください。


傷跡

2 傷あと
手術後、半年以内の場所は脱毛できません。
理由としては、その部分に照射してしまうと、炎症や化膿を引き起こす可能性があるからです。
カウンセリング時にもし、最近手術などされた方はお申し付けください。
色素沈着

3 色素沈着
色素沈着とは、皮膚が色素により着色(色が濃いくなる)している状態です。
例をあげるとすれば、しみ、あざ、ほくろです。
色素沈着は、過度の紫外線やストレス、食生活、ホルモンバランスなどにより、大量のメラニンが放出されて作られます。
慢性的なあざではなく、どこかにぶつけたりしてできる青あざであれば、治り次第施術は可能です。
4 老人性色素斑
皮膚表面に現れる境界のしっかりした、楕円形の色素斑です。
顔、手足 など紫外線の受けやすい部位にできやすいとされている。

そばかす

5 雀卵斑(そばかす)
そばかすは先天的に色素細胞が異常に活性化しできるもの。
よくできる部位は、顔 手足 肩など全身にできます。

6 白斑 色素欠乏症
白斑とは、皮膚のメラニンを作る機能が低下し皮膚の色が失われる病気です。
色素欠乏症とは、先天的に皮膚や毛にメラニン色素がない状態のことです。


入れ墨、タトゥー

7 血管奇形
これは先天的に血管の形成異常で血管の中は、正常です。
8 静脈瘤(こぶ)
足の血管がこぶのように浮き出た症状です。
1日中立ち仕事を続けてきた人などに多くみられます。
9 美容整形部位
美容整形を行った部位に、脱毛は行えません。
10 入れ墨、タトゥー
入れ墨やタトゥーは、皮膚の中に色素が入っているため色素に光エネルギーが吸収されるので
脱毛できない部位となってます。
以上これらの部位には、脱毛ができません。
脱毛を希望される部位に上記に含まれるようなことがないか、しっかりカウンセリングのときに伝えましょう。
脱毛できない体質もある?脱毛できない部位があるだけでなく、脱毛できない体質もあります。


アトピー性皮膚炎

1 アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は、遺伝が大きく関係します。
遺伝だけではなく、花粉、ハウスダスト、動物の毛など
複合的な原因で後天的に起こる可能性もあります。
かゆみや乾燥を伴い照射することで、症状が悪化する可能性があります。

季節によってアレルギー反応が異なる方もいらっしゃいます。

自分のアレルギーをしっかり把握して、カウンセリングの時にお申し付けくださいませ。

場合によっては、脱毛が可能な場合もございます。





アレルギー

2 アレルギー体質(光アレルギー、光線過敏症)
アレルギーには様々な種類があります。
花粉症、動物、金属、食べ物などとても多くなっています。
脱毛をお断りする症状は、日光を浴びたときに、皮膚に赤みや
水疱ができる人がいます。
過去に日焼けをしてなんらかのトラブルがあった方は相談していただきたいです。



ケロイド

3 ケロイド体質
ケロイド体質の方は、傷を治す過程で、肉芽細胞が過剰に増え、しこりを作りやすい
体質をもっています。
光の照射が原因でケロイドになる可能性があります。

上記の「体質」をお持ちの方は、必ずしも脱毛ができないとはいい切れないため
1度ご相談していただきたいです。
お肌の状態によっては、可能かもしれません。




メンズ脱毛最新情報


Copyright(C) 静岡県・浜松市メンズ脱毛専門Evans 

会社概要 プライバシーポリシー

メンズ脱毛専門店Evans静岡県の浜松市に上陸
沼津・三島市・富士宮市・島田市・富士市・磐田市・焼津市・掛川市・藤枝市
でメンズ脱毛をお考え男性の皆様は是非お越し下さい。
Free Template