静岡・浜松メンズ脱毛専門Evans

永久脱毛というこ言葉をよく耳にすると思いますが、
実は「生えてこなくる」=「永久脱毛」ではありません。

よく皆様にご質問いただく内容としまして、「永久脱毛ですか?」ということをよくご質問いただきます。
永久脱毛というのは実は生えてこなくなる、ということではありません。



じゃあ永久脱毛って何?


永久脱毛って何?

永久脱毛の定義


永久脱毛とは米国電気脱毛業界で定めた内容によりますと、

「施術を行った後、1ヶ月の毛の再生率が20%未満の場合に、永久脱毛と呼んでいいこととなっています。20%未満の再生率というのは極めて曖昧であるため、個人差が生じるのは言うまでもありません。」

永久脱毛の真実


これらの定義から考えると、仮に1ヶ月後の再生率が20%未満だとしても、2ヶ月後の毛の再生率が80%だとしても永久脱毛と呼べてしまいます。この認識の違いから永久脱毛を提唱しているクリニックとお客様の間では度々認識のギャップが生じていることもよく耳にします。

世の中にムダ毛を0に出来る脱毛方法はありません

現在の脱毛の技術ではムダ毛を0にする事は出来ないのが現状です。なぜなら脱毛には個人差が生じる為、100%とは言い切れないためです。これは現在世の中に存在している脱毛法、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、又はワックス脱毛どの脱毛方法をとっても同じことが言えます。しかし現在の脱毛技術の進歩により0は難しいとしても、限りなく0近づける事は可能です、以下の脱毛効果の症例をご覧になっていただいてもお分かりな通り、青髭が目立たなくなっています。ひげ自体も細くなり毛穴まで目立たなくなっている事がお分かりになって頂けると思います。


サンプル写真

あごヒゲ脱毛前

男性特有のひげですが、脱毛効果を得る事は従来難しいとされてきました。モニターAさんは長年濃く太いあご髭に悩まされてきました。ご覧のように無理にヒゲを剃ったことによりお肌が赤みを帯び炎症が生じています。

サンプル写真

あごヒゲ脱毛途中経過(8回目)

ひげの強さは人それぞれではありますが、モニターAさんの場合はお肌のコンディション(肌の色、毛の太さ、お肌の保水度)から少し早めの効果が出てきており、青髭も赤みも大分改善されてきています。

現在のニーズもつるつるではなくやはり減毛

脱毛施術前

すね毛脱毛前

男性特有のひげですが、脱毛効果を得る事は従来難しいとされてきました。モニターAさんは長年濃く太いあご髭に悩まされてきました。ご覧のように無理にヒゲを剃ったことによりお肌が赤みを帯び炎症が生じています。

脱毛施術後

すね毛ナチュラル脱毛

最近ではメディアでも取り上げられているように中性的なルックスの男性が流行している風潮にありますが、減毛派もまだまだ大多数を占めているといっても過言ではありません。毛量を調整しながら脱毛を行っていく事ももちろん可能ですし、やはりつるつるにされたいと考えられた場合、はつるつるにさせていただく事も可能です。