静岡・浜松メンズ脱毛専門Evans

仕事と脱毛
静岡・浜松メンズ脱毛専門Evans



仕事と脱毛


仕事に毛の処理は必要か?

仕事に毛の処理は必要か?

男性は、仕事においても毛の処理は必要な場合が多いでしょう。 男性が仕事上行わなければいけない毛の処理のほとんどがヒゲになります。 みなさんの周りは、仕事でヒゲを剃らなければいけない人、それとも剃らなくていい人どちらが多いでしょうか? 自分の同僚の場合どちらか一方になってしまうため、別の職業の友人の方や街で見かける人を考えてみてください。
仕事別の処理

仕事別の処理


剃れなければいけないことが多い仕事 営業職、販売職、教職、モデル、芸能人、接客業、公務員、これらはほんの一部でしかありません。 剃らなくてもよいことが多い仕事 美容師、デザイナー、土木関係、現場職、自営業、これらもまた一部でしかありません。 仕事の内容によってヒゲを剃らなければいけないのか、そうでないのかが分かれてきます。 あなたのお仕事はどちらでしょうか?
仕事上ヒゲは剃らなければいけない人の割合

仕事上ヒゲは剃らなければいけない人の割合

実際、仕事の都合でヒゲを剃らなければいけない人の割合はどれぐらいいるのでしょうか? はっきりと数値は出ておりませんが、 剃らなければいけない:剃らなくてもよい 6:4 くらいだと言われています。 少しではありますが、ヒゲを剃らなければいけない人が多いという結果になっています。 しかし、仕事上はヒゲの処理はしなくてもいいが、自ら処理している人も中にはいるはずです。 なので、実際は60%以上ヒゲの処理をしていることになります。
ヒゲが似合う顔

ヒゲが似合う顔


仕事上剃らなくてもよい人がなぜ剃っているのでしょう? その理由の1つとしては、ヒゲが自分の顔に似合っていないためです。 ヒゲが似合わない顔とは、いわゆるベビーフェイスです。色白で全体的に顔のパーツも薄くなった顔です。 自分にヒゲが似合わないと思っている方は、ヒゲのある自分を見慣れていないというのもあるでしょう。ヒゲの似合う顔とは、少し顔のパーツが濃い方になります。外国人のヒゲが似合うのはなんとなく想像できるでしょう。 しかし、アジア人は顔のパーツ1つ1つが欧米の方に比べると、小さくなります。
なぜ欧米の方は、ヒゲが似合うのか?

なぜ欧米の方のヒゲが似合うのか?


彼らは黒い濃い多い毛に負けない大きなパーツを持っていることになります。 目や鼻はアジア人に比べるとやや大きく、ハッキリしていますよね。 ヒゲの占める割合は人によって異なりますが、口周りだけでなく、もみやげやほほなど多い方で顔の半分ぐらい占めていることになります。 アジア人の場合、目や鼻が比較的小さくヒゲがあった場合、目立ってしまうのがヒゲばかりになってしまうのです。 顔の第一印象で覚えているのが、ヒゲだけになってしまうことも少なくありません。
日本での仕事のマナー

日本での仕事のマナー


ヒゲを仕事上剃らなくてはいけない人は、対人の仕事をしている方がほとんどだと思います。日本では、ビジネスマナーの中でヒゲは剃らなければいけないと認知されています。 そのため、その古くからのルールに従うしかありません。近年、企業もグローバル化が進み社内の中の人材やルールに少しずつ変化が出てき、ヒゲの処理は各自に委ねることもありますが、その場合でもきちんと処理されている方がほとんどです。
今後の変化

今後の変化


今後、日本の社会はさらにグローバル化が進むでしょう。働いている企業でも外国人の採用枠が多くなり、外国人を雇うとなるとそれに応じてルールも変わってきます。 その際にヒゲの処理は各個人の判断に委ねるとなっても多くの日本人は処理し続けるでしょう。少なくとも、あと20年30年は身だしなみのルールに大きな変化は出ないでしょう。 ヒゲ脱毛は、ヒゲの処理が毎日大変だ。面倒だという方の味方です。 ヒゲ脱毛をすることで朝の5分10分かかっていたヒゲ処理の時間がなくなります。 その分お疲れの体のために睡眠時間も長くとるのも1つ、朝食の時間をゆっくりするのも1つですね。ヒゲ脱毛で今までの生活リズムが変わります。

メンズ脱毛最新情報


Copyright(C) 静岡県・浜松市メンズ脱毛専門Evans 

会社概要 プライバシーポリシー

メンズ脱毛専門店Evans静岡県の浜松市に上陸
沼津・三島市・富士宮市・島田市・富士市・磐田市・焼津市・掛川市・藤枝市
でメンズ脱毛をお考え男性の皆様は是非お越し下さい。
Free Template